Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

2010年3月1日

  銀行の環境経営企業への支援の動きが活発になっているように感じます。

  これまでも環境に熱心な銀行では、環境設備導入や環境経営システム認証取得時の貸出金利の優遇、環境経営システム認証取得事業者への設備・運転資金等貸出金利の優遇さらには中小企業の環境経営を支援(大気汚染・土壌汚染防止等規制対応、省エネ等の経費削減、環境ビジネス等のコンサル等)しています。

  最近では、企業に対し環境格付を行い、企業がCO2削減目的の設備資金を借りた場合、政府から3年間最大3%の利子が補給される取り組みも出てきました。

  先般、県内KES登録事業所へ東京の政府系金融機関から訪問調査がありました。また当NPO法人にも地元地銀からKESについて訪問調査がありました。

  地元地銀は、中小企業の経営体質強化を進めるツールとしてKESに着目されたとのことでした。銀行が中小企業の儲かる体質づくりを自ら仕掛けていくという姿勢に時代の変化を感じます。

  中小企業に大きな影響力のある銀行が、中小企業の現場改善を環境の視点から支援するという動きはすばらしいことですので、積極的に推進して欲しいと思いますし、私達も連携推進していきたいと思っています。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成