Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

2014年2月8日

  船井総研の創業者である船井幸雄さんが、1月19日に81歳でご逝去されました。

  船井さんは、1969年に経営コンサルタントとして創業され、多くの実績を上げるだけでなく、これまで経営・経済・社会・人生等について約400冊の本を出されています。
私は、考え方に共鳴するところが多く、これまで多くの本で勉強させて頂きました。
そして、コンサル・審査・講座の中でも、船井さんの考え方を話させてもらっています。

  船井幸雄氏船井幸雄さんが良く話される言葉・考え方をご紹介します。
1. 我々の本質は霊魂であり、個々の霊魂は基本部分でつながっている。
2. この世は霊魂の修行の場である。世のため人のため、真剣に生きよう。
人間を完成させるのが人の仕事。世の全てが、生成発展するようになっている。
3. 全ては必要、必然、ベスト。過去全て善。人生で起こることは全て意味がある。
4. 最も大事な世の中のルールは
① 「強く思うこと」は実現する ②「与えるもの」が「受けとるもの」
5. 人には生まれてきた役割がある。自分の長所を活かす先に役割がある。
6. 長所伸展法-得意なこと、好きなもの、自信のあるものを伸ばそう。
欠点には触れない。長所が伸びると自然に気にならなくなる。
7. 成長・成功の条件『素直・勉強好き・プラス思考』
8. 知らないことを否定しない。全てから学べる力をつけよう。
9. 本物の生き方人の共通点-シンプル・質素・自然・愛・親身・謙虚・堅実
10. 人でも物でもツキのあるものと付き合うことは、ツキを呼び込む奥義。
モデル・師を探して見つけ学ぼう。

  地球環境問題の対策に関する言葉には、以下のものがあります。
①過度の競争をやめる②物の浪費をやめる③エコノミー至上主義を改める④目先の豊かさや便利さのためだけに環境を破壊することを改める⑤人間だけの地球ではないことを知って全ての存在のために良い生き方を選ぶ⑥「今だけ、自分だけ、お金だけ」のエゴ(我執)の発想から脱却する。

  船井幸雄さんの話は、広く深くかつシンプルでわかりやすいのが特徴です。
関心のある方には、船井幸雄さんの最後の著書である『未来への言霊』と『未来を変えるクセづけ』、佐藤芳直さんの『思いが実現する船井幸雄の60の言葉』『これからのリーダーに贈る船井幸雄の言葉』を推奨します。

  船井幸雄さんの考え方の一部しか理解また実践できていませんが、船井幸雄さんが提唱してきた、有意の人の数がある程度増えると急激に世の中が良くなるという『百匹目の猿現象』の推進に、多少でも貢献できればと思います。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成