Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

2011年10月1日

  今年は東北大震災にともなう原発事故があり、日本中が真剣に夏の節電に取組んだと思います。私達の環境改善活動でも「省エネ出前講座」「うちエコ診断」「我家でできる温暖化防止」など節電に関する活動が増えています。

  家庭で電気製品の使用方法を工夫し、月毎に電気使用量を環境家計簿で把握・記録し、前年度実績や本年度目標値と比較して『数値化』『見える化』『目標管理』を進めると相当な効果が出ます。さらに省エネ家電などを導入すると大幅な効果が期待できます。

  活動に参加した奥様から「家庭で節電活動の話が盛り上がり、一家団欒が増えました」とうれしい感想を良くもらいます。

  節電活動を通じて「一家団欒」「早寝早起き」「ものを大事にする」「感謝する」など、今や廃れつつある大事な習慣や考え方が家庭で当たり前になれば、社会も変っていくのではないかと思います。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成