Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

第一回KES交流会

2008.7.14

  現在、鹿児島市は内閣府が募集している先進的な環境モデル都市に応募しています。
鹿児島市の提案は鹿児島市から環境維新を起こしていこうという意欲的なものです。是非鹿児島市が環境モデル都市に選ばれ、鹿児島市から環境の新しい動きが全国に発信できればと期待しています。

  6月23日に鹿児島県内KES登録事業所の第1回交流会を開催しました。
鹿児島県内でもKES登録事業所は42事業所になりました。KESはシステムが中小事業所の身の丈に合っていること、かかる費用が小さく1年以内で投資を回収できること、環境意識が高く改善できる人を育成できること、組織が活性化されることなどが評価されています。

  今回18事業所のトップ・環境管理責任者・担当者及びKES審査員が集まり、短時間でしたが活発な意見交換ができました。
新しく取組み始めた事業所からの質問に対し、先輩事業所から自社の事例を交えて進め方を紹介・指導してくれるなど大いに盛り上がり、もっと早くこのような交流会を開催すべきだったと思わされました。
今後も事例発表・紹介などを中心に定期的に開催していきます。

  明治維新の時には薩摩藩の各地域で先輩が後輩を自主的に教育・指導していくという郷中教育が盛んであり、このしくみが薩摩藩内の人材育成を進め、明治維新に役立ったと言われています。

  環境維新でも10月にオープンする環境未来館での環境リーダーの育成や今回のKES交流会みたいに先輩事業所が後輩事業所を教育・指導することによって、鹿児島県内の多くの事業所が環境経営に取り組み、環境ビジネスの振興や地域活性化にもつながればと思っています。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成