Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

2011年4月1日

  東北地域での巨大地震、10mを超える大津波そして原発での事故と悪夢であって欲しいと思わずにはいられない大災害が発生しました。
亡くなった多くの方々のご冥福と、1日も早い復興また被災を受けた皆様がこの厳しい試練を早く乗り越えられることを祈念致します。

  私達が今できることは余りありませんが、地域での環境活動をより一層充実・強化することによって、多少なりとも支援につなげられたらと思います。

  原発での事故は発生して半月が経ちますが、まだ終息の目途が見えません。命を掛けて事故対応している人達に感謝致します。しかし今後の原子力発電の新設に大きな制約がかかることは間違いなく、さらなる省エネと再生可能エネルギーの普及・促進が喫緊の課題となってきます。

  総力を結集して、まず生活できる基盤を構築することが急務ですが、さらに防災・環境・福祉などを視点とした新しいまちづくりを推進し、日本のまた世界のモデルが東日本に構築されることを期待します。そして、今回の大震災で世界に称賛された日本人のマナー・和の精神・不屈さ等を継続・向上させ、真に日本の再生・復活に繋げられたらと思います。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成