Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

雑談する田舎のおばーちゃん

2008.5.4

 この2ヵ月間、毎週土曜日は老父母のいる実家に泊まるようになりました。
そして日曜日の朝は、近くの集落を散歩しています。
少年時代には遠くて余り行ったことがない集落も、今歩くと近くていろんな発見があり毎週の散歩が楽しみです。

先週は須杭集落というところに行きましたが、川内川を見下ろす山腹にある集落で最近造りの家が多くサツキや薔薇、菖蒲などの花が各家の庭に咲き誇り、山には椎の木の葉が太陽光を浴び黄金色に広がり、こんなきれいな村があったのかと思わされました。

また今日は曾祖母の出身地で昔平家の落人が住み着いたという折小野集落へ行きました。ほとんどの家が折小野姓で、明治の頃ヨーロッパから集落の調査に来たという珍しい集落です。(折小野とは戦に敗れた小野姓の人達の改名でしょうか?)
800年程昔、多分山道をかきわけ定住する地を探して今の集落に住み着いた都住まいの人達の苦労と、今定期的に京都に行き京都発のKES環境マネジメントシステムを普及・推進している因縁を考えさせられました。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成