Think Globally, Act Locally!!
(地球規模で考え、地域で足元から実践)

2012年1月1日

   新年明けましておめでとうございます。

  2011年は、東日本大震災、大津波、原発事故、台風12号による大水害、タイでの大洪水、アラブ諸国での民主化運動、ヨーロッパの金融危機、超円高など・・・本当に大きな災害・変動がありました。
早い復興・安定化を祈るとともに、時代が大きく変わる予兆を感じます。

  1972年、ローマクラブが『成長の限界』で、人口増・環境破壊等による人類成長の限界を警告しましたが、昨年10月末には、世界人口が70億を超えるとともに警告が現実のものとなってきています。
地球は無限である、経済成長が最重要である、限りなき豊かさと便利さの追求等の価値観・ライフスタイルを早急に見直す時期になっていると思います。

  東日本大震災から「絆」という言葉が注目されました。今後はさらに「足るを知る」「精神的幸福」「共生」「共有」「共存共栄」「多様性」「分散ネットワーク」「地産地消」「自給自足」「全体最適」等の言葉が一般的になればと思います。

  私達の活動もスタートして10年経ちました。皆様の益々のご支援・ご協力をよろしくお願い致します。

NPO法人エコサポートTGAL 理事長 久留正成