Think Globally, Act Locally!!
   (地球規模で考え、地域で足元から実践)

平成30年4月27日

 今年は、松下電器産業㈱(現:パナソニック㈱)の創業100周年となります。
30年余りお世話になった会社であり、益々の発展を祈念します。

 将来、Uターンして地元の活性化につながる仕事をしたいために「水道哲学」を説く「経営の神様」がいる
松下電器産業㈱に入った経過があります。

 Uターンして環境NPOを起業して、中小企業の環境経営支援や教育活動を推進していますが、松下幸之助や松下電器産業㈱で学んだことを、折に触れ紹介しています。
たくさんの学びがありますが、主にお話することは以下のようです。

1.「企業経営」にも、「人生経営」にも、使命感・理念・信条が重要である。

 2.天・宇宙霊とつながる、あるべき姿の追求(縦軸)と、衆知を集める(横軸)全員経営を目指す。

 3.まずは「願うこと」。
  そして「情熱を持ち」「道を究め」「成功するまで続ける」

 4.ビジョンを明確にして、目的・目標を立て、PDCAを回し、「企業」や「自身」の成長を見極め・改善
  していくこと。

 5.「物を造る前に、人を創る」。

 6.「あらゆるものに感謝し、恩を返す、また恩を送る」

 7.松下幸之助は、貧しい家庭に生まれ、小学校中退で、体も弱かった。
  そのため「我以外皆先生」と思っていた。
  成功の秘訣は「素直さ」「勉強好き」「プラス思考」

 「宗教的な考え方」「中村天風の教え」「船井幸雄の教え」等が、混在している面もありますが、「社会の繁栄」・「人の幸せ」実現を目指す考え方は、共通していると思います。

理事長 久留 正成